サッカー入門にCLを観よう

サッカー

UEFAチャンピオンスリーグ(CL)は欧州サッカー連盟が主催する大会です。世界中の名選手は欧州に集中していることからも、事実上世界最高のクラブチームを決める大会であるともいえます。また、世界中での視聴者は1億人を超えるとも言われており、近年の視聴者数はNFL以上と非常に注目度が高いコンペティションです。

1992年に欧州のクラブ王者を決める大会、チャンピオンズカップがチャンピオンズリーグ(CL)へと名称を変えて再編成されて以来、昨シーズンのレアル・マドリ―達成するまでは、連覇を成し遂げたチームは一つもなく、この世界最高の舞台を制することの難易度の高さが伺い知れます。

リオネル・メッシ、クリスティアーノ・ロナウドを初めとした名だたるスーパースターが一同に会するこの大会、次々と生まれる華麗なスーパープレイに、サッカー入門者であっても目を奪われることは間違いありません。また、CLはワールドカップよりもレベルが高いとも言われており、最高のチーム同士の普段なかなかお目にかかれないハイレベルな試合、新たなスター選手の誕生など見どころは盛りだくさんです。サッカーに興味がある方は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

サッカー ブックメーカーはこちらを参考しましょう。

サッカー

欧州サッカー入門 ELとは何か

観戦

欧州サッカーを語るうえで外せないのがEL(UEFAヨーロッパリーグ)です。これはUEFAカップが前身で、2009-2010年シーズンに名称の変更が行われました。ヨーロッパの各国の競合クラブチームが優勝を競い合う大会で、開始年は1971年に遡る伝統のあるサッカー大会です。

出場資格は国ごとのUEFAランキングなどによって、各国リーグの出場枠が決定されます。そして、リーグ戦で枠内の上位に食い込んだクラブチームが参加できるのが基本です。なお、ELは予選が1回戦~3回戦とプレーオフで22のチームに絞り込まれます。これに国内リーグで優勝したチームなど16チームと、チャンピオンズリーグのプレーオフで敗退したチーム10チームの合計48チームで、本戦となるグループステージが開催されます。

グループステージに続く決勝トーナメントでは、グループステージで合計12あるグループの上位2チームと、チャンピオンズリーグのグループステージ3位の8チームの合計32チームで開催します。決勝トーナメントはホームアンドアウェイ方式で行われますが、優勝を決する決勝戦は一発勝負で行います。少し複雑ですが、欧州サッカーを語るうえでは外せない大会ですから、入門的な知識として知っておきたいところです。なお、最も優勝回数の多いクラブチームは、スペインのセビージャFCの5回です。

海外サッカー入門 UEFA

シュート

海外サッカーを理解するには、UEFAを知っておくことが大切でしょう。入門的なことになりますが、それだからこそ大事でもあります。では、UEFAとは何でしょうか?これは欧州サッカー連盟のことを意味します。ヨーロッパの国々のサッカー協会などを統括し、大会などを主催しています。有名なものには、次の3つがあります。

まず、欧州選手権になります。EUROとも呼ばれ、加盟国の中で予選リーグ戦が行われ、本大会には24カ国が出場できます。その中で、一次リーグが行われ、8カ国が決勝トーナメントに進出します。4年に一度の開催であり、夏季オリンピックと同じ年に行われています。男子ばかりでなく、女子のEUROもあります。

次に、チャンピオンズリーグがあります。加盟国のリーグ上位チームが出場し、リーグ戦を勝ち抜いたチームが決勝トーナメントに進出します。ホームアンドアウェイ方式の試合であり、男子ばかりでなく、女子でも開催されています。

最後に、ヨーロッパリーグになります。チャンピオンズリーグと同様、ホームアンドアウェイ方式の試合ですが、加盟国のカップ戦優勝国などが出場できます。しかし、今ではチャンピオンズリーグで敗退したチームも参加できるようになっています。

以上のほか、フットサルやアマチュアの大会でも、UEFA主催のものがあります。

シュート